Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しき玩具

Bクラスでシーズンが終わるのは実に12年ぶりだそうだ。

それは別に良い。
セントラルリーグの各球団も、それぞれに練磨し研鑽し、
「勝ちたい!」と願ってプレーしているわけで、その中で
たまたま負けが混んでしまうシーズンもあるだろう。機械が
プレーするわけでもなく生身の人間がプレーしている事も
あり。故障もあれば経年劣化も世代交代が上手く行かない
事もあるだろう。

結果についていちいち口角泡を飛ばして糾弾するつもりは
毛頭無い。

一方で、「ビジョンの無さ」「できる事しかやらない、やれる
事しかやろうとしない」と言った球団の姿勢がすけて見えた事や、
前任監督時代に冷遇された人々が遠ざけられていた「利権・権力」
に預かろうと、能力をわきまえもせずに身の丈以上のポストに就任し、
就任した“だけ”で満足してしまった点などなど。

Join us~ファンと共に~と標榜したのに、「ファンと何を共有し
たいのか?何を見せるのか?何を与えたいのか?」が空っぽのまま、
漫然と日々の野球を繰り返した事は物凄く残念だった。

日々の野球にも、おそらく「意味」はあるのだろう。
勝てなくても世代交代のために必要な用兵だとか、この試合を落
としたとしてもその次の試合に勝つために選手を温存するとか。
「こうなった場合はこうする」と言う戦術がキチンとあれば、144試合
をもう少し有意義に戦えたと思うのだが。

眼前の「シロクロ」に対して、高木監督の感情量が多すぎて冷静な
判断ができず。「シロ」ならば判で押したようにその「シロ」が毎度続く
事を期待した用兵とし、「クロ」ならば試合序盤であっても感情に任せて
選手交代を命じる。

「場当たり的」の見本のような指揮で何度も何度も失敗を繰り返した点も、
ファンとしては受け入れづらいものがあった。

この2年は、「玩具を取り上げられた人々」が、玩具を取り戻した事に満足し、
例えば2004年に取り上げられた玩具は「超合金の人形」だったのに2012年
に取り戻した時には「ラジコンのヘリコプター」に変わっていたような。

超合金の人形を使って砂場で遊ぶぐらいしか出来ない人々が、ラジコンの
ヘリコプターを与えられて当惑しただけと言うか。

1年目は何とかできる範囲で飛ばしてみて、何とか少しだけ飛ばす事は
できたものの、2年目はメンテナンスも何もせずに放置したヘリコプターが
ボロボロになって操作できなくなり。「何で動けせんのだー!!」と癇癪を
起こして壁にぶつけるわ地面に叩きつけるわ…

「玩具を取り戻してどう遊ぶ、例えばヘリコプターならこう遊ぼう」ではなく、
「この玩具は俺のものだーーーー!」と言う発想しかなかったからこんな
結果になっちゃったんだなーと思う。

ヘリコプターを操作する“プロポ”を握っていたのは、高木監督であり。
彼が「ジジイでもできるラジコンヘリ操作法」とかを読んで勉強して、
「今日は田んぼに行ってゆっくりと飛ばしてみようかしゃん?」とかビジョンを
持っていればもうちょっとマシな結果になったかもだけど。

闇雲に「出して飛ばして、で、毎度のようにぶつける!」と言う事の繰り返し
となり、「どうしたらぶつけるのを回避する事ができるんだろう?何をすれば良
いのか?」と仮説・検証等が一切無い状態となり(笑)。

一方で「守道クン。ヒロミツから玩具を取り返してあげたからね!」と彼に
それを預けた人々もいるわけで。

操作した側の責任は、監督を変えれば何とかなるかも?だけど、「玩具を取り返
してあげたからね!」と言い、その取り返した玩具がボロボロになっているのに
何ら策を講じようとしなかった人々は…残念ながら次の「操作する人」を探す側
となる。…責任は「ラジコンを壊した守道クン」に背負わせてハイ、終了!である。

幸か不幸か、ラジコンのヘリコプターはこの2年間のムチャクチャな使い方で
ぶっ壊れてしまった。後はもう、新しい玩具を買ってくるか?或いは今、玩具箱
の中にあるもので新しい“遊び”を考えるしか無いのだけど。

一人のファンとしては、「玩具を手に入れること」ではなく「それを使ってどう遊ぶ、
こんな事がしたい!」と言うビジョンやアイデアがあって、それをより多くの人と
共有し、遂行できる人にチームの舵取りをして欲しいと願う。

特にこの1年は、操作方法を知らない癇癪持ちの人がラジコンのヘリコプターを壊す
事を目的としたようなサマを見えられ続けた分、すぐには結果が出なくても、「遊びとは
何ぞや?どう遊んだら楽しいのか?」と言った根幹のところに対して一過言あり、
それをカタチに出来る人であればなーと。

願わくば、フロントには高木監督のみの責任で終了させるのではなく、「自分たち
も被害者」のような顔をするのでもなく。現状の「共犯者」として、深く反省し、
もう少し「ちゃんと戦えるチーム」となるよう、真剣に考え、実行してもらいたい。

最後に。
クライマックスシリーズ初出場を決めた広島東洋カープ、並びにファンの皆様。

本当に、おめでとうございます。

目標に向かってチーム一丸となって戦う姿や、その姿に照らされて野球を楽しん
でらっしゃるファンの皆様の姿には「熱」を感じました。「どうせ」とか「ほらね」
ではなく、「いけーーー!」ってアツくなれること。これが野球の「基本」であり
「魅力」だと思ってます。

「野球の素晴らしさ」を、
応援するチームが再び教えてくれる事を念じつつ。

それではまた5年後ぐらいにお会いしましょう(笑)。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

久しぶりにブログを書いていただいてありがとうございます。

僕は親会社や監督が好きなわけではなくドラゴンズが好きなわけですからどんだけ働かないフロントや監督であろうと選手だけを見ていこうと思います。

だから次の政権は必要以上のことは求めませんから「選手を守る」ことだけは徹底してほしいと思います。

海犬 | URL | 2013年09月26日(Thu)14:40 [EDIT]


海犬さま
筆が鈍ってこんなモンしか書けません(笑)。

仰るとおり、「選手ありき」のチームであり。その選手のパフォーマンスを引き出すのがベンチであり。

色々とひっくるめて「働きやすい環境」を整備するのがフロントであると思ってます。「これしかできないからこれでヨロシク!」「お前らがふがいないでワシが偉い人たちに怒られるだろう?」と言ったこの2年は、選手たちにとっては災難だったでしょうねぇ~。

私も強さとか何とかはどうでも良くて、「野球ってのは素晴らしいなー」と感じられるプレーを選手が見せてくれる事、それを引き出せる人に指揮をして欲しいと願ってます。

ではでは。

ネガドラ | URL | 2013年09月26日(Thu)17:01 [EDIT]


遅ればせながら拝読しました。
「ネガドラさんは相変わらずドラゴンズ大好きだなー」
と改めて感じました。

個人的には今季の終盤に出てきた若手に明るい未来を感じているのですが、ネガドラさんが監督だったら来季はどんな布陣、戦略で戦いますか?記事にして下されば幸いです。

にわ | URL | 2013年09月28日(Sat)18:20 [EDIT]


にわ様
コメントありがとうございます。
私ごときが調子に乗って色々と述べてしまうのは赤っ恥をかくだけなのでご容赦いただくとして(笑)。

中日ドラゴンズってチームは基本的に「守り勝つ野球」を実践するチームだと思ってます。「守る、そして走る」。身体をキチンと動かせる選手が魅せる野球。

そのための練習。

勝ち負けはその先の話だと思ってます。
回答(こたえ)になってますかね(汗)?

ではでは

ネガドラ | URL | 2013年09月30日(Mon)13:05 [EDIT]


中日というチーム

リーグ戦でいくら調子が悪くても、CSに出てきて一番恐いチームは中日だなと思っていました。ネガドラさんのたとえを使わせていただくなら、どんなにボロボロの状態でも、1週間くらいならきちんと飛んでみせるのが中日というヘリコプターだからです。V9後半の巨人が、ペナントレースではよれよれでも、日本シリーズでは無類の強さを誇ったように。ついでにいうと、高木さんの采配は長島さんの采配そっくりでした・・・。
 外からちょろっと見ているだけですが、投打に若い芽は育っていると思います。来シーズンの健闘を祈っております(あまり強くなられても困るのですが・・)。

元大阪爺 | URL | 2013年10月02日(Wed)23:56 [EDIT]


お久しぶりです

初めまして。

昔ネガドラさんのブログの愛読者でした。
久々に来たらたまたま更新されていたの嬉しいです。
私はヤクルトファンでして、特にヤクルト戦の記事を楽しみにしていました。当時は中日の天敵だったのもあってか過激な内容で非常におもしろかったです(笑)
実はヤクルトが酷評された記事に苦情のメールを送ったこともあります…許してください(笑)

私も最近ブログを始めたのでよかったら覗いてみてください。

はせクロ | URL | 2013年10月05日(Sat)03:31 [EDIT]


元大阪爺さま
コメントありがとうございます。

確かに若手起用の機会と、起用された若手が活躍
するケースは昨年より増えましたねー^^
「活躍」に相当する選手は主に高橋周平かなーと
言うところですが(笑)、前政権時においては
存在すら認められなかったであろう若手たちが
「お試し」で使ってもらえた事は、今後の糧になる
とは思います。

…高木政権時代の「功」については主にこれ。
副次的に、フロントとベンチの問題、ならびに
「詫びている高木監督」に対し、容赦ない罵声を
浴びせる“ファン”と言う名の珍獣が割と多く
存在する事を白日のもとに晒してくれた事で
しょうかね(汗)。

フロント、ベンチもそうですが、ファンももう少し
成長せねばならんなーと思いました。

ではでは。

ネガドラ | URL | 2013年10月07日(Mon)10:03 [EDIT]


はせクロさま
コメントありがとうございます。
このブログは、ヤクルトファンの方からの評判は
すげー悪かったと思ってます(汗)。
なぜなら神宮で馬乗りになってボコボコにされる
サマを現地で何度も何度も(×100)見続けたとか、
ぜんぜん打てなかった晩年のガイエルもドラゴンズ
戦だけはなぜか打ったりとかですね。

さらに「パトリックユウ」とかですね(笑)。

色々とご無礼があったかと存じますが平にご容赦を。

ブログも拝見させていただき「中日の扱いがぁぁ!」
とクレームを(嘘)


ではでは

ネガドラ | URL | 2013年10月07日(Mon)10:14 [EDIT]


やっと書いていただけましたね!

ネガドラ様
やっと、ドラのことでコメントが書かれていたので、うれしく思います。自分も監督が、決まるまでは、うんぬん考えないようにしよう、書かんどこうと思いました。
で、谷繁監督に決まり、切れて怒って、恐がい半面、楽しみ半面あります。
もし、おちやい監督だったとしてもこのヘリコプターをどう飛ばすのか?見たい気もしました。
個人的な感ですが、おちやい監督は若手育成に難があるのはわかっていました。高木監督は、ある意味何をやっても文句がない(おじっちゃ特権)ので、高木監督にかませ犬になってもらった気がします。

ネガドラさん、5年とは言わず、ファンの気持ちとドラ技量を踏まえた正確なブログを週1でいいので、配信希望です。

Dガメラ | URL | 2013年10月09日(Wed)20:56 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014年08月14日(Thu)15:27 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。