Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終焉試合で感じた未来

3点ビハインドの9回表。
絶体絶命の場面。

高木監督が先頭打者として名前を告げたのは、
本シリーズでは守備固めとしての出番しかなかった堂上直倫だった。

直倫は今シーズン、何度も出番をもらった選手であり。
或いはレギュラーを脅かす存在になってしかるべき選手だったが
打撃でなかなか力量を発揮できず、守備固め要員に成り下がっていた
選手だった。

その直倫が放った打球は、左中間に飛んでいった。3点ビハインドの
9回表。無死2塁のチャンスをいきなり作った。

続く谷繁は、可能性を感じないセカンドゴロ。
直倫の代走英智が3塁に進んだものの…3点ビハインドの場面での
進塁打に大きな意味は無い。

谷繁の次の打者=堂上剛裕は…3戦目で西村から決勝タイムリーを
放った選手であり。あの時の打席で見せた静かな闘争心は物凄い
ものがあった。西村も1度やられた相手に何度もやられたく無い
だろう。あの時の悔し涙をまた流したくも無いだろう。

得意のストレートとフォークを駆使し、剛裕から三振を取ってやる!
と気魄の投球を見せる。剛裕も積極的に打って行く。なかなかに
見ごたえのある勝負だった。

西村の投げた8球目のストレートを、剛裕のバットが捉える。
チカラ強い打球が飛ぶ…でも、セカンド寺内のグラブにボールが
収まる…。

惜しい当たりではあるが、結果はアウト。
でも、それでも…必死に食いついて行って「惜しい当たり」を
残せた事は決して無意味じゃないと思った。

2死3塁、最後になるかも知れない打者は…今季打率3割と、盗塁王
のタイトルを手にした大島。クライマックスシリーズではリード
オフマンとして輝き続けた選手。

その大島が考えていた事。
「英智さんをホームに返したい」。
そう、大島が倒れれば3塁走者の英智はその3塁塁上で選手生命を
終えてしまう。何とか、英智を本塁に返したいと…大島はレフト
に技ありのヒットを放った。英智が本塁に返った。

若手が出た、
若手が粘った、
そして、若手が返した。

もっと言うと大野、伊藤準規と言う若手が大役を果たした緒戦と
2戦目、“酷使”と言っても過言で無い使われ方に懸命に答え
ようとした田島に、投げるたびに安定感を増して行った武藤と
言った…投げる方でも懸命に戦った若手たちがいた。

チェンがいなくなった。ネルソンもいない。
吉見も、ソトも中田賢一も東京ドームにはいない。

地の利があり選手層の厚い巨人と戦うにはあまりに貧弱な陣容で、
3つも勝利を収める事ができたのは…昨年までならこんな場面で
使われなかっただろうなぁ~と言った若手たちのお陰だと
思っている。

ベンチで見つめていて、その上で負けるのも当然「悔しい」だろう。

でも、今年はグラウンドに出て、チカラを発揮しながらあと1勝
を挙げる事が出来ずに敗れ去った訳で。試合に出られない悔しさ
ではなく、「できた喜び」もあるだろうし「もっと出来たであろう
歯がゆさ、せつなさ」…何より「負ける事の悔しさ」をより
一層“自分ごと”として、若手たちはその身に刻む事ができたと思う。

「あんな気持ちはもう味わいたくない!」と言う気持ちが、
恐らく選手を強くする糧となり、その糧を共有した若手たちが
必死に練習し、切磋琢磨する事でチームは強くなると思う。

クライマックスファイナルステージが始まる前には…
「東京ドームなんかで戦っても、どうせ罰ゲームだろう」と…
正直なところ思っていた。その「どうせ」と言う諦めの気持ちに
対し、大野が、準規が頑張って。そして剛裕が喰らいついて行って…
後一歩のところまで連れて来てくれた。

「あと1歩」だから…悔しい。
でも、頑張れば「あと1歩」は超えられるかも知れない。

「若手」の中で最も経験のある大島は、
自分が最後の打者になる事ではなく、「英智さんを生還させたい!」
と言う気持ちを強く持って打席に立った。そして結果を残した。

2012年の最後のアウトの1つ前の、大島の打席と英智の生還に対して、
心から「ありがとう」と言いたい。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

中日は強かった

お帰りなさい。

中日は本当に強かったです。1勝のアドバンテージとホームでやれたこととCS第一ステージでの3試合や吉見・ソト投手の欠場がなければ、負けていたのは巨人でした。

手強いライバルのおかげで巨人は強くなれるし、リーグも盛り上がります。これからもよろしくお願いします。

元大阪爺 | URL | 2012年10月24日(Wed)10:01 [EDIT]


2009年

元大阪爺様
こんにちは。
まずは日本シリーズ進出、おめでとうございます。
勝負の世界ですので結果が全て。
CSは、2012年シーズンを凝縮したような6試合でした。

でも、同じく強かった2009年の巨人に対して、
ドラゴンズは手も足も出ず、最後の最後には
クルーンが立浪相手に手加減をしてくれたり
して(笑)。ありがたいやら屈辱的やら、色々な
気持ちがありましたが。2012年は最後の最後まで
お互いに戦ったファイナルステージだったなーと
感じました。

もちろん、地力の差が出たのはそうなのですが、
それでも最後まで戦い抜いた選手たちを称える
と同時に、強くあってくれた巨人に感謝します。

ではでは。

ネガドラ | URL | 2012年10月24日(Wed)12:24 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。