FC2ブログ
 
Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想をはるかに上回る秋の収穫祭

「来季は補強する!」。
昨年、日本シリーズを戦い終えた後、落合監督はそう宣言した。
明らかに戦力が足りずにロッテに敗れた。6連目の引き分け試合においての
終盤の火力不足など惨めだったし。
その宣言に対し、補強は…グスマン、佐伯、ソト、日ハムをクビになった
木下…何が補強か?と。球団が赤字体質だからと言ってあまりにひどい
仕打ちであり。さらに吉見が手術、チェンが下半身の怪我。山本昌は風物詩
の春先の怪我と言う、何だか物凄いガッカリっぷりで迎えた2011年であり。

そして、蓋をあければブランコとグスマンがそろって糞扇風機であり。
和田はストライクゾーンに文句ばかりを言い、森野は何をしているのか?
よく分からず、井端はほぼ「おわコン(終わったコンテンツ)」になり
下がっていた。挙句にローテ投手の中田賢と岩田には、彼らの投げる試合
に何を見出せば良いのか?さっぱりワカラン!と言う出来だったし、小笠原
はナゴヤドームの阪神戦で、瞬間だけ輝いて…足を怪我して消えた。

今季、実はわずか5試合しか球場に足を運んでいない。
そのうちの1試合が、神宮球場で河原がサードに投げたボールがブルペンの
方に転がって来たサヨナラ負けであり。ブルペンにいた平井が、本当に
鬼のような顔で怒りをあらわにしていた(やっぱり負けると選手も口惜しい
んだなぁ~って思った)のを目の当たりにした身として。
「これは無理!」と正直思った。歯車がかみ合っていない。現場とフロント
の乖離もある。さらに、グスマンと言う不良債権と和田と森野不調がが織り成す
ハーモニーと井端の「おわコン」っぷりなどなど。
しかも、交流戦で「1点ぐらいで突っ張らなくても良いじゃん?」と言う場面
で谷繁がホームでブロックを敢行したがゆえの負傷離脱もあり。「ポロリも
あるよ♪」でおなじみの小山の補給難+謎リードなどなど…中日ドラゴンズ
の野球の魅力がまったく見られなくなったシーズン=2011年の夏ごろまで
だった。

観客は減り、
負ける事にも慣れ。
「働けクソ打線」とボードを掲げられるほど、いくら投手が好投しても打者
がそれに報いようと言う意識を感じず。和田はただの審判へのクレーマー
と化していた。…ツマランわ見苦しいわ…いたたまれない野球しかできなく
なっていた。

そして今、マジック2である。

今季のこの順位と、恐らく優勝してしまうという事の理由を述べよ!と言う
お題を出されても…正直「回答できません」としか言えない。フロントと
現場の不協和音は顕著だったし、グスマンは外れだし、和田と森野は
不調がデフォルトだったし。上積みと申さばソトと、後は井端がドーピング
疑惑後にV字回復の見本のようによみがえったぐらい?…さらにはブランコ
の中の人が変わったんじゃないか?と言う、チームのためにプレーする
姿勢を感じるようになったぐらいであり


でも、それだけじゃここまでは来れないと思う。

明確な回答ではないけど。
「誰がどう」と言う事ではなく、恐らく選手ひとりひとりが、大きな上積み
では無いにせよ必死に努力して努力して、その努力が少しのカタチになった
からなんじゃないかな?と。平田の2試合連続のサヨナラホームランとか、
そんな派手な事ではなく。2日前に凡退した久保に対し、2日後にやり返した
堂上剛裕とか。…失敗した口惜しさを胸に、成功のイメージを強く持って
試合に臨める選手が増えてきたのかなぁ~と。

うん、あくまで想像だけど。

昨年の日本シリーズなど、特定の選手におんぶに抱っこであり、
大島以外の若手は「何をしとったんじゃい?」と言う、そんな状態だった。
活躍するイメージとかそんなものが一切無く、与えられた出番を漫然と
消費しているような、そんな覇気の無さを感じたし。

でもそれをして「覇気が無い」と言うのはオーディエンスの勝手な言い分
であり。活躍できない選手はその選手なりに、眠れないほどの口惜しさと
失敗した時の残像を、アタマと身体に宿すのだろう、おそらく。

「2度とあんな思いはしたくない!」。
ビールかけの歓喜の気分は、恐らく一瞬で終わると思うが、味わった
屈辱はおそらくずっと残るだろう。その屈辱をバネに、少しずつ少しずつ
能力を上積みした選手が頑張っているからこそ、今、ここにいられる
のだと思う。

そして、「落合監督、今季限り」と言う事実が、
その上積み分に何かを掛け合わせて…彼らの持ってる野球に対しての
意気込みを炸裂させたのだと思う。

選手層が厚いとも、2006年のドラゴンズに比べて野球が上手いとも…
今のドラゴンズに対してはぜんぜん思わない。でも、落合監督が日々の
試合終了後の談話で「たいしたもんだ!」と評価するその気持ちと
同じ気持ちが私にもある。

うん、こんな芸当ができるチームじゃない。そして「勝って当然」と
言えるほど、セリーグのチームとの戦力差も能力差も無い

差が無いのに差が生まれているのは、それはもう「勝ちたい!」と
言う意思が…対戦相手より勝っているからとしか言いようが無い。

「監督のために勝ちたい」のか、?
或いは「勝つのはプロとしての仕事だから」なのか?
「負けるの嫌いなんッスよ!」と言う谷繁のような気持ちなのか(笑)?

個々人の思いの丈は分からないけど。

でも、「勝ちたい!」と言う意思はビンビン感じる。

いろいろな悲惨な体験をして。
「船がドックに戻った」だの「港に戻った、出た」だのの妙な経験を
して。借金6まで膨れ上がった後に短期間で借金を返済し貯金を19に
まで増やし…本当に本当に、「どこのシンデレラ?」と言う気持ちに
なっているのが今だったりする。

シンデレラならば…12時の鐘の音とともに魔法が解ける。
でも、それまでは…魔法にかかったような魅力的な野球を見せてもらえ
る。願わくば、日本シリーズを勝ち抜くまで…この魔法が続きますように。

↓いざ、決戦の地=東京ドームへ!!
 (と言いつつ、仕事てんこ盛りで今日は行けませんが笑)
 ポチリと一発、よろしくお願いします。


人気ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

再生

去年のドラゴンズは、終盤ジャイアンツとタイガーズが足踏みしている間に普通に戦い、そのまま勝ち抜けたという印象だったのですが、今年は本当に強いという感じがしますね。
今年と去年の貯金グラフを比較するとよくわかります。
http://chok.in/graph/2011

ところで、今シーズンの上昇の節目は一体どのゲームだったのかと振り返ると、私は8月17日の巨人戦、チェンがあわやパーフェクトというあのゲームだったかなと思います。
http://www.youtube.com/user/pyz9#p/u/164/-H0DBoDIKZM

ヒーローインタビューで谷繁のこのセリフを聞いた時、借金4であるにもかかわらず希望の灯が見えた気がしたものでした。
http://www.youtube.com/user/pyz9#p/u/165/J0Sh7LZyS4c

おや、グスマンが抹消され、大野が登録されました。
この時期、落合監督で新人の先発ということが本当にあり得るのでしょうか?

アトス | URL | 2011年10月14日(Fri)15:41 [EDIT]


ありましたね

アトス様

大野、ありましたね。
翌日の試合で、恐らくアンチ落合であろう初老の男性が、
ご家族と一緒に東京ドームに来られていて。前日の大野起用
について…家族に対し「あの投手起用は、辞める落合が来年
の事を思ってやった事だ。しかも、失点したイニングで終わらせ
るのではなく、抑えたイニングの後に交代するとか。ちゃん
と考えてる!」と激賞してました。

シーズンが終わってないので何の総括もできませんが。
でも、大野を起用した事はそれはそれとして、
大野が無失点で抑えるまで投げさせた点は、初老の男性
と同じく、「それでこそ起用した監督の責任の取り方」
であると思いました。

ではでは。

Negadra+Jack | URL | 2011年10月17日(Mon)11:50 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。