Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想外の山井の好投

中日 3 - 0 ヤクルト

勝:山井(3勝2敗0S)
S:浅尾(7勝2敗9S)
敗:石川(9勝9敗0S)

本:平田 10号(2回裏2ラン)

初回、山井が2番上田にヒットを許し1死1塁。
3番川端の場面でヒットエンドラン仕掛けるも川端がファウルフライ
を打ち上げ…走者=上田がエンドランから帰塁する際、非常に緩慢
な動作で戻ったため、結果はサイアクの併殺。このサイアクの併殺
が山井とドラゴンズを相当助けたと見ており。
立ち上がりに難のある山井が、アウト一つを献上してもらった事で
結果三者凡退で終えられると言う「大ラッキー」に預かった訳で。

山井の持ち味と申さば、「突発乱調」「四球癖」「ピッチャーゴロ
の処理が物凄くヘタ」「5回、2死からダラダラと投げる」…そして
…「味方に援護点を貰うと次の回に吐き出す」などなど。

とにかく、山井に対しては…山井の悪い意味での持ち味を発揮させれ
ば良いだけなのに…なぜだか「焦り」に近い試合運びになり。

勿論、ヤクルトの先発の石川も良くは無かった。
良い球は来るものの要所で抜けるボールが見られたり、ボール1個分
アマくなるなど…打てない投手では無いと思う反面、じゃあ昨日の
巨人ゴンザレスがノーヒットノーラン未遂をするほどのマウンドだった
か?と申さばそうでもない訳で。

今日、シレっと「5番谷繁」を止めたように、打順が異常なほど機能して
いた頃の打線とは異なり。とにかく、今日と明日の「山井&川井」の
両名が投げる試合においては「早々に試合をぶっ壊して欲しくない」
と言う点と、この両名と石川館山が対峙する試合で…1つは勝ちたい
と言う点があったと思うけど。
でも、負ける可能性の高かった山井で…今日の試合は勝った。山井の
悪癖が発動しそうな場面が何度もあったけど。初回の上田の走塁ミス
や7回表、2死1塁2塁の場面の代打森岡のレフト前ヒットに対し、2塁
走者=宮本に本塁突入を指示すると言う。
その時点で3点差であり、次の打者が青木であり。ドラゴンズとしては
2死満塁で青木とか…生きた心地がしないのに(笑)。

ここを一歩、踏み込んで来られると非常にツラい!と言うところを
今日のヤクルトは全然超えてこなかった。イヤな汗をかきかける場面
が近づくと…自らで一歩引いてしまうと言う。何とも日本人らしい
奥ゆかしさを見せてもらった気がした。

今日のドラゴンズの得点は…
2死走者無しから谷繁にヒット、平田の2ランの2点と、
後は同じく2死走者無しから…投手山井の2塁打から奪い取った1点の
合計としての3点であり。非常に偶発的な得点方法だったと思う反面、
必然的に失点しそうな場面では…何とかそれを防止できると言う。

内容がバッチリ!と感じたのは8回表の小林正人ぐらいなのに、
それがなぜか?2試合連続完封勝利と言うこの事態って…非常にラッキー
だよなぁ~と。昨年、山井から始まった「完封連鎖」ってのがあって、
あれがあったからこそ優勝できたと思っているんだけど。
今日のこの「なぜか無失点勝利」についても…或いは物凄く大きな勝ち
なんじゃないか?と。
なんとなーく達成感の無い勝ちゲームだった気がするけど(笑)。
でも、まぁ勝てたから良い。

明日は館山…ならば「キラーグスマン」が出て来るのかね?と(笑)。
グスマンがどーこーではなく、その名前に館山が勝手に焦ってしまう
事を願いつつ…明日の試合に関しては「スタメングスマン、カモン!」
とシャウトする事にしよう(笑)。

↓ってな訳で。
 なぜだか勝ちました。ええ、良かったですね。
 でも、めでたいのでポチリと一発よろしくお願いします。


人気ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。