Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のワガママ

昨日、和田が出場選手登録をされた。
10日間…つまり最短の抹消期間。その間に、視力矯正の意味で
コンタクトを試してみたりいろいろやったそうで。昨日の試合、
スタメンで起用された。…安打は出なかった。

こう言っては何だけど、
来季はどの選手が起用されるのか?分かったもんじゃない。
今季スタメンだから来季も起用される保証も無いし、今季、
或いは戦力外かも?と言う選手でも来季は主力で起用される
可能性もあるだろうし、先の事は分からない。

一時期、和田に対して「使うな!」と叫んでいたのは…
和田が出番をせしめる事で試されもしない選手の出番が、
例えば全く出番の無い中村一生とかの可能性がガンガン目減り
して行く事への抵抗感であり。今季、ただの1度も28人の登録
枠に入れなかった選手が…物凄い数いたりする訳で。

可能性を秘めた選手の出番を、ほぼ可能性を感じない和田が
せしめ続ける事が、物凄く腹だかしかった事だったりする。

いや、和田がせしめたと言うより、和田を使い続けている
ベンチに対して腹が立っていたと言う方が正しいかな。

とにかく、「コンタクトを入れた、ハイ、打てます!」と
言う、映画メジャーリーグのチャーリー・シーンが演じて
いた投手がメガネをかけたら良くなったと言う話じゃない
訳で。
視力の衰えは即ち一瞬の判断力を鈍らせる事であり、その
一瞬の競技である野球においては物凄く重大な事でもあり。

その和田を、今、なぜ敢えて登録して起用しますかね?と
言う疑念は…正直無い訳じゃない。

でも、和田を起用して勝つと言うのが、落合監督の野球
なんだろう。多分に人情家なところのある人で、「アイツ
に世話になった、アイツのおかげ」と言う事は逐一覚えて
いる人だと思う。
昨年の優勝やクライマックスシリーズ、そして日本シリーズ
も和田なしでは存分に戦えなかったと思うし、和田がいた
からこそ、落合監督は良い思いを相当して来たと。その
感謝の気持ち、或いは期待したいと言う思いが、和田を
使い続ける理由なんだろう。

「そんなカンタンに諦められない!」って事かと。

落合監督の8年間は、「そんなカンタンに諦められない!」
と言う感じで、多くのモノを引きずっていると思っている。

例えば、多くの人が罵る2007年日本シリーズ第7戦の「山井
パーフェクト未達成事件」の後、落合監督が山井に対して
かけた愛情と期待は傍目から見ると「異常」である気がして
おり。どれほど打たれても不甲斐ない投球をしても、
先発に値しないんじゃねぇの?と言うマウンドが続いても
山井に対しての期待と愛情はずっと持ち続けていた気がする。

神宮でボロ負けした試合の後に、でも故障あけの山井が
中継ぎ登板した試合で、山井のスライダーのキレを感じた
落合監督が、試合後に敗戦のショックではなく「それより
今日の山井のスライダー、あれを見たか?」と記者連中
に興奮気味に語った事があったり。昨年のズムスタで連続
完封の口火を切った山井の事をずっと評価し続けたり。

良い思いをさせてくれた選手については、
どうしてもそこへの感謝の気持ちが発生してしまい冷徹に
切る事ができないのが…落合監督の欠点でもあり…でも、
魅力でもあると思っている。

落合監督が和田がもうダメな事に気付いていない訳が
無い。あれほどの目利きが今季の和田の打席についての
意見が無いわけもなく。だから付きっ切りで指導をして、
何とか回復して欲しいと期待をかける。

理由は、「ベンちゃんにはさんざん世話になったから」。
…和田の今の打席への期待ではなく、和田の打席から
多くのモノをもらった感謝の気持ち…同時に、落合監督
が感じている「感謝の気持ち」について、ファンである
我らも同じように感じて然るべきなのだろうけど。

…残念ながら、特に3歩歩めばモノゴトをすぐに忘れてし
まうトリアタマの持ち主である私としては…和田への
感謝の気持ちは和田の凡打によりひとつひとつ忘れて
行ってしまっている。
ドラゴンズに来て始めてのホームランの記憶とか。神宮
のレフトに、ミサイルのように打ち込まれた打球の音と
か…昨年の、日本シリーズ第7戦の9回裏先頭打者として。
「死んでも打つ!」と言う、青白い炎が和田の身体を
包んでいたような、そんな気魄も…全部現地で見ていた
はずなのに…それらひとつひとつを忘れてしまっている。

落合監督は、そうしたモノをひとつひとつ覚えている。

だから、和田を使う。
忘れた私は…「使うな!」と言う。

正しい選択はどっちか?と申さば、今、活躍する可能性が
薄い選手は起用しない、つまり外すほうが正しいとは思う。
和田を使う落合監督は、この時期に「ワガママな事をして
いる」とも取れる。

一方で、落合監督が和田を使う気持ちが、「チームの勝利
に貢献してくれた、オレに良い夢を見せてくれた和田へ
の感謝であり。これからも良い夢を見せてもらわなきゃ
困ると言う期待の気持ち」であるならば…ファンとしては
その気持ちは尊重せねばならないんだろうなぁ~と思う。

この8年、
本当に色々な気持ちになりつつ、ただの1度も無駄な消化
試合をする事無く、シーズン通じて野球を楽しませてくれた
落合監督が、チームを去るにあたっての「ワガママ」として
和田を使うのであれば…或いはその「ワガママ」が、ひょっと
したら物凄い結果をもたらす可能性があるのならば…

ファンとしては和田の打席を否定するのではなく、
和田の打席に期待をこめて見守るべきなんだろうと思う。

問題点も何もかも知り尽くした目利き=落合監督が…
数多の選手の中から期待をこめてメンバー表に書き込む
名前…それが和田だとするなら。

私はその名に…期待する事としよう。

きっと和田も、ベンちゃんも…そんな落合監督の気持ち
は痛いほど分かってるはずである。応えられない不甲斐なさ
と、応えたい!と言う必死の気持ちが、今、ベンちゃんの
身体の中に…ドロドロと沈殿しているはずである。

その沈殿したモノが…一気にマグマのように噴出する事に、
そこにたとえ僅かであっても可能性があるのであれば、
その可能性を信じて、見守ってみようと。そう思っている。

だから頑張れ、ベンちゃん。
もう凡退も三振も、色々ひっくるめてベンちゃんを受け止め
る!!…それが、私が受けた様々な良い思いに対しての
返礼であると理解した。

「カンタンにダメとか言うな。諦めるな。」

…落合監督が、野球を通じて教えてくれた。

↓ポチリと一発、よろしくお願いします。


人気ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

祈・ハゲ復活!!!

ここまできたら、和田が打たないと優勝はないというより、
和田を二軍に置いたまま優勝しても、自分自身に納得できないという感じでしょうか。

私も何日か前に、来年のメンバーを考えていたのですが、
現時点で来年の開幕スタメンに名前がある可能性が
一番高いのは、吉見かもしれませんね。

はぴはぴ | URL | 2011年09月29日(Thu)16:36 [EDIT]


集大成ですので

はぴはぴ様
思えば「何でコイツを」と思う選手を使い続けた8年であり。
その上で結果を出してきた監督さんですので。

何で和田を外して連勝しておったチームに敢えて和田を?
と言う疑念はありつつ、和田を戻すのが落合野球の妙味
なのでしょう。そうなるともう…今更否定できないですし
ね(笑)。頑張ってもらうしかないな?と。

ヤクルトがなぜか体調を崩す選手(2009年のインフルエンザ
蔓延状態)が続出しており…これを追い風と言ってはイカン
のでしょうが…何となく道が拓けてきた感があります。

いずれにしても頑張ってもらいましょう。

ではでは。

Negadra+Jack | URL | 2011年09月29日(Thu)16:43 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。