Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ

巨人 1 - 3 中日

勝:ネルソン(8勝13敗0S)
S:岩瀬(0勝1敗29S)
敗:西村(7勝2敗0S)

本:谷繁 3号(5回表ソロ) 、谷繁 4号(9回表ソロ)
  坂本 14号(5回裏ソロ)

ネルソンについては「ただの1つの勝利が、無駄な四球を生まなく
なったなぁ~」と言う印象。素晴らしいボールとかテンポの良さ
と褒め称えるほどの出来では無かったけど。でも、これまで幾度
となく「魔のイニング」を自分で作って沈没して行っていた
ネルソンが、今日は坂本に喰らった一発だけでしのいでいたのは
立派だと思った。「これで安心だ!」と言えるほどではないに
せよ、今後は「ネルソンが投げるのか?…負けだな!」と思って
ションボリする事も無いだろうと。その点において、先週の日曜
日に横浜に勝った事は非常に大きかった。

それ以外の点について。

打つ方で申さば、「東京ドームとの相性」だの「西村との相性」
だのを鑑み、今日も和田をスタメン5番で起用し、和田の最大の
努力=打席でメガネをかけることぐらいだったけど。今日の試合
など、たまたま谷繁のホームランが2本飛び出すと言う、数年に
1度の幸運があったから勝てたようなもので。先頭ブランコの
2塁打に対し進塁打ひとつ打てない打者を5番に置いておくなど
論外だと思うので。
昨今の和田の不調は「きっかけ待ち」では無く彼の力量であるの
は誰が見ても明らかだと思うので。レフトに起用する選手として
はこのところ初球をダボハゼのように振りに行かなくなった堂上
剛裕でじゅうぶんだとも思うし。和田がイヤだからではなく
堂上剛裕がいるじゃないか!平田と野本をライトで使ってレフト
は堂上剛裕を固定して欲しい。

あと、ネルソンの後を受け継いだ浅尾と岩瀬について。
浅尾は1イニングはビシっと抑えるも、イニングまたぎ…と言うか
9回表に打席に入った事がなんか精神的に影響を及ぼしたのか?
8回と9回では別人のような、球のキレも何も無い、棒球とノーコン
が持ち味の投手になっており。
やっぱり勝ちパターンの投手については、打席で「負けてしまう
こと」がその後のマウンドに影響を及ぼすのかな?とか。
後は、長野への四球の後のラミレスとの向き合いなど。カウント
1-3から谷繁のリードに従って投げたボールなど、昨年までの
ラミレスならスタンドに叩き込んでいた棒球だったし。

右の強打者ゾーンまでを浅尾、そこから岩瀬と言うベンチのプラン
は、巨人の選手のキレの悪さにより何とか面目を保ったけど。
2点差、2死満塁の場面で「打者亀井」と言う、我らにとっての、
もちろん岩瀬にとっての「トラウマ」ではなく余所からいらした
打者(=大村)が出てきてくれたのは本当にありがたく。こうした
ラッキー♪に助けられて何とか勝ったのが今日の試合であると
思った。

でも、浅尾と岩瀬の「勝ちパターンの2人」については、このところ
は良い感じで来ていた雰囲気が一気に暗雲がたちこめたと言う
感じかも?…4連戦の初戦で浅尾2イニングとか、「必要あったか?」
と言う点も含め、課題やら反省点は残っていると思う。

まぁ色々言ってはいるものの、
一時期は6個あった借金を返済し、今季最多の6個の貯金を短期間で
作った訳で。課題や反省点を有しつつ、白星は挙げられるように
なっている点は「良し」とせねばならんのでしょうな。
その一方で、張りつめた糸がプツーンと切れた球団が出始める事
で…ヤクルトの独走ムードが増進してしまう点が…ちょっと気がかり。
ヤクルトは優勝する時ってのは一気にゴールテープを切る球団だった
気もするし。

…そうは言っても横浜さんが巨人に勝ち越し、ヤクルトに引き分け
ると言う…やる気を見せ始めている気もするので(笑)、
横浜さんには火曜日の試合以外に頑張ってもらってペナントレース
を面白くしてもらいたい(笑)。

↓そんな訳で。
 ソトがやっぱり疲労がたたっているっぽくて心配ですが。
 壮馬と川井と、あと、前回の阪神戦で遊んでいたチェンなどに
 頑張ってもらって…何とか来週末の「ヤクルト4連戦」に
 山場を持って来られるように、頑張って欲しいと思っております。
 …浅尾は明日はできれば休ませる展開希望!…ってか連戦の初戦
 で2イニングはちょいと…(汗)。
 ポチリと一発、よろしくお願いします。


人気ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お兄ちゃんは凡打の内容も和田と違って良いですよね。

和田のショートゴロ、セカンドゴロは見飽きましたw

20 | URL | 2011年09月18日(Sun)00:28 [EDIT]


和田の打法

20さま
和田の打法は上から叩いてボールを飛ばすものであり。
ポイントがズレればショボいボールしか飛ばないのは
明らかであり。目の衰えや身体の老化に向き合うので
あればダウンではなくレベルスイングにしてバットを
ボールに当てる面積を増やすしかないのですが。
…カンタンに言ってますが、今から取り組んで来週には
出来る事じゃ無くて(笑)。
ダウンスイングでは現状の通り。
レベルスイングを会得するには手術が必要。

…どっちにしても当面は使えるはずもないと思ってます。
タケの打球は良いですよね。凡打した打席にも内容と
可能性をプンプン感じます。

ではでは。

Negadra+Jack | URL | 2011年09月18日(Sun)08:50 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。