Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から半年、プロ野球

3月11日の震災から今日で半年。
未だ行方不明の方もいらっしゃる。そして、先日の台風で西日本
も大きな被害を受けたりして。「今、苦しんでいる、困難に直面
している」と言った方が…日本国内において物凄い数に及んでいる
のが…我らの置かれた「現状」だったりする。

個人的な事を申し上げるに…
実は6月11日、仙台での交流戦を見るつもりで東北に行こうとして。
…でも、せっかく行くんだからボランティアをして来よう!と、
11日はボランティア、12日は野球観戦に充てようと思っていて。

あまり意識は無かったけど、6月11日は震災発生からちょうど3カ月
になる日で、その日を境に御遺体が見つからなくても亡くなった
と見なされる日であったそうだ。その後、しばしばテレビ番組で
6月11日の事が放映されており。「あぁ、あの時オレ、石巻にいた
んだよなぁ~」とか思っており。

あの日から今日で3カ月。
それまでとそこからの3か月の時間軸ってのが若干違うと言うか…
事物の捉え方に変化が生じたとでも言おうか。

例えば野球に関して。
基本的に「ドラゴンズの勝利が見たい!」と言う願望がほとんどで
あったのに対し、今はその比率が若干減っており。そうではなく
「どのチームも頑張って、必死に戦って。見る人に感動をもたらす
ものであって欲しい」と。いささか綺麗事すぎるかも知れないけど、
必死に、懸命に頑張ったチームってぇのは結果の如何を問わず見る
人に感動をもたらすと思っているし今季のプロ野球ってのはただ
順位を競うのではなく、見る人に活力となる何かをもたらすべき
役割を持っているのだろうと。勝手ながらそう思っている。

だから少し前まで、漫然と同じ選手を起用して、同じようなミスや
失敗を繰り返して敗れるドラゴンズの野球は好きでは無かったし、
「この野球をして人々にとってプラスになる何かを与える事はでき
るのか?」と思ったりもしていた。ほぼ全てのチームが、難航した
開幕や、節電等の問題に際し、「プロ野球がなぜ必要なのか?何を
もたらす事が出来るのか?」と言う点を考えたはずである。
昨年の日本シリーズの開幕前に、落合監督が何を見せたいか?と
言えばチームが強いとか勝つとかではなく…

「プロ野球ってのは素晴らしいモンなんだなぁ~と言うモノを見せ
たい」と、多少ムツカシイ表現ではあるけどそう言われて。

その言葉が私にとっては非常に心に響いて。

今季のプロ野球ってのは、
例えば難しい局面だったとしても何とかその局面を打破しようと
必死になるとか、知恵と勇気を振り絞るとか、出来ないとカンタンに
言わない、カンタンに諦めないと言った姿勢を見せて欲しい。その
上で「結果を問わずに“素晴らしい!”と言いたい」と。

最近、球場に行けなくなった理由はこんなところにある。
自分の応援するチームの勝利のみ希求し、相手のチームを挑発したり
なんだりと言う行為に及ぶ事ができず、或いはチームの勝ち負けのみ
に気持ちが行き、野球の品質について、必死にやったかどうか?と
言う点への評価がおざなりになるとか。…どのチームが勝とうが負け
ようが、感動を呼ぶプレーが実現できればソレで良いじゃないか?と。

そんな事を思っているとどうしても、一種の精神的加圧であったり
マスゲーム的な応援行為と言う事がどうしてもツラくなって来たり
して。

或いは、球場に行く時間とお金があるなら…東北に行ってお手伝いを
したい、支援になる何かをしたいと言う点もある。球場に行ったつもり
で、遠征旅行に行ったと思って…その分を東北地方で散財するとか、
色々と。

6月に宮城、7月に宮城と福島、8月に福島、宮城、岩手県の陸前高田。
そして昨日、また福島に行って来た。月末に再度福島に行く予定。

テレビ画面で流れる情報とか、地名とか風景とか、色々な事物が密かに
体験した、行った事のある場所、風景だったりして。そうなると非常
に感慨深いし…決して他人事とも思えないし。

震災から6か月がたった今日。
ドラゴンズは111試合目を戦い、そして勝利を収めました。
「和田がいなくちゃ戦えない!」と言う点を頑なに守ってきたはずの
落合監督が和田を使わずに3試合戦い、和田抜きの打線で何とか3連勝を
勝ち取ったと言う。名前や過去の実績だけではなく「今できる最大限」
に期待できる選手を使って得た勝利とでも言いましょうか。

「カンタンに諦めない!」と言う事で、恐らく和田を使い続け。
でも「必死に“戦う!”」と言う、その“戦い”に値する選手かどうか?
を判断した時、やはり和田はキビしかろうと言う判断に至ったのか?
それは落合監督のみが知るところであると思いますが。

昨日今日の2試合は、色々と、出た選手が一所懸命戦っていたと思いました
し、今日の試合においてブランコの守備が見違えるほどキレを増していた…
捕球動作が数日前とは全然違っていた点など、見えないところで必死に鍛錬
しているんだろうなぁ~と思いました。

「勝ちたい!」と願い、そのために出来る「最善のプレー」を見せようとする。
そして、必死になって試合に出て、その試合の勝利を掴む…。対戦相手の横浜
は…非常に残念ではありますが、そうしたモノゴトを捨ててしまっているよう
に思えました。でも、ドラゴンズは、頼りにしている和田を外し続けても、
和田の代わりに誰かを使い、日替わりで打順もスタメンも変えてでも、ドラゴ
ンズらしい、素晴らしい野球を見せようと努力している気配は感じました。

数々の失敗や、拘らなくても良い事へのこだわりや。
色々なものを重ねて来て…何とか見せられるモノが出来てきたかな?と言う
のが「今」だと思います。

首位ヤクルトが9月に入り、妙に息を吹き返すなど…「逆転優勝がどーのこーの」
と言えるような景気の良い話題は殆どなく。「ネルソン、6月以来の勝利かよ!」
と言う(笑)、そんな驚きもあったりしつつ。でも、ここ数年のドラゴンズ
の中で今季が一番「選手が成長した、劣化した選手もいる分よけいに必死に
伸びた選手がいる」と思ってます。

プロ野球の世界において、「世代交代」は不可避であり。
数字が常に出る競技でもあるので…数字を残せない=戦力外と言う事に直結
します。「若い選手にもチャンスはある」と言われながらも主力選手がずっと
居座っていたドラゴンズにおいて、ポッカリ空いた穴を必死に埋めようとした
選手たちがいるからこそ、中盤戦における「戦いようが無い時期」を経ても
今の「貯金4」があると。

僅か1点のリードを守り切って勝った今日の試合など、
なかなか見ていて楽しい試合でした。皆が必死に戦った、戦い続けると言う。
そんな意思を感じました。

勝利だの優勝だの、
そんな事は私個人は結構「どーでも良い」と、正直思ってます(笑)。
出る選手たちが必死にやったか?何かを得たのか??それがドラゴンズの
強化だったり、或いは見る人に感動をもたらせる何かになり得るのか?
などなど。そうした点を重視して行きたいと。

本当に「難しい時期」において。
或いは「野球などやってる場合か?野球で感動を与えるとか言うのはおこがま
しいんじゃないか?」と言った葛藤ももちろん選手たちにはあると思いますが。

ここまで来た以上、
もう「仕上げ」の段階だと思いますので。

各チームそれぞれに…今見せられる最高の野球を見せて、
多くの人に勇気を、感動を与えて欲しいと。そんな事を思いながら…震災後
6か月経った今日の試合を見守っておりました。

ネルソン、諦めずに投げたから…久々の勝ちがついたね。おめでとう。
ベンチで勝利の瞬間に見せた笑顔とか、お立ち台ではにかんでいた姿とか。
なかなか可愛らしくて良かったです(笑)。

今日はそんなトコですかね。

後、できればで結構ですが。
このブログを読んでいただいている方で…例えば関東地方近辺にご在住の
方がいらっしゃって。被災地や東北地方に足を運ばれた事が無い方がいら
っしゃいましたら…どうか一度、被災地を訪れてみてください。

そこには、
被災された方の普段の日常があります。
可哀想とか、そんな事ではなく。不自由な中でも懸命に生きてらっしゃる
方々がいらっしゃいます。テレビなどで味付けされた、何だか不安や不満
ばかりを語ってらっしゃる方など殆どいらっしゃらなくて。明るく、朗らかに
迎えてくださる地元の方々がいらっしゃいますので。

決して過去の記憶として片付けるのではなく、
置かれた立場なりに「何ができるのか?」を考えていただければと。
僭越ながらそんな事を思っております。

震災後6カ月経った今日、
思ってる事はそんなところです。

ではでは。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは
自ら被災地に行くなんて素晴らしいですね 僕はまだテレビを通してしか被災地を見ていないので…
本当に悲惨でしたよね… でも多くの被災された方々が明るく生活していらっしゃる事がわかり安心しました
僕もネガドラさんのおっしゃる通り、今年のプロ野球は優勝どうこうより「魅せる」野球をしてもらいたいですね ソトのような、気持ちを全面に押し出すようなプレーがだったり… そして被災地の方々に感動を与えられたら今年のプロ野球は成功したと言えると思います

みづの | URL | 2011年09月12日(Mon)20:54 [EDIT]


今季については特に

みづの様
エエ、本当にちょっとしたキカッケを作って現地に行って
みたら…想像を遥かに上回る光景と、でも、必死になって
元気に生きようとされてる皆様のお姿に驚きを受けまして。

プロ野球もそうですが、私自身も「ちゃんとせねば!」と
言う気分になりました。
同時に、被災地の方に届くプレーを、感動を呼べるゲーム
を…12球団それぞれに魅せて欲しいと願っております。

「諦めずに頑張れ!」って。
今季においては本当にそう願います。

ではでは。

Negadra+Jack | URL | 2011年09月13日(Tue)09:26 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。