Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2安打、12回完封引き分け

中日 0 - 0 巨人
【延長12回引き分け】

原監督が「澤村の投げる試合で得点などしてタマるか!」とばかり
にスタメンに寺内だのサブローだの実松だのフィールズだのを起用
し、負けれるモンなら負けてみろ!とばかりの接待を見せたのに
対し、我が軍も5番にただのハゲオヤジを起用して得点を取る事を
拒否すると言う。

ソトと澤村は頑張ってはいたけど、「じゃあ今日の試合は息詰まる
投手戦でしょうか?」と問われれば…まったくもってそうではなく。
巨人が趣味の併殺を繰り返すとか、ドラゴンズは和田と心中している
ように…指揮官の公開オ○ニーショーであったに過ぎない気がする。

片方はGの若大将。もう一方は「祖父の遺言でGにイけと言われて
FA権を行使してGに行った、G大好き♪」。ペナントレースも
佳境であるはずの現在、溢れるG愛が観客の前で「自慰」を見せる
と言う…何となく色んな意味で「カンベンしてもらえんものか?」
と言う感じの今日の試合。

ってか12回表のマウンドに、
「負ける可能性の高い鈴木」とか…何の冗談か?と。
その鈴木が、チキンタツタを買うぐらいの気軽さでラミレスにヒット
を許し。そして走塁のスペシャリスト鈴木を1塁走者に告げたので
あれば…なぜ坂本にバントを命じるのか?無死なら分かるけど1死
だし。ウチの鈴木を打てない坂本…ってかプロ野球選手などそれほど
いないだろうに…加えて谷繁から一昨日走りたくってたやん?と
言う点も含め…「何をしておるのか?巨人!!」と正直思った。

12回表、1死2塁、代打阿部ならば…ウチには小林正人がいる訳で。
左打者に対して小林正人など…浅尾よりも信頼できる中継ぎだし。

敢えて小林正人に左打者で挑むぜ!と言うジャイアンツの自慰とか。
そして、12回裏、1点取れば良い場面で1死2塁まで行かせたのは
良いとして。11回の時からコントロールが微妙だった久保に対し
大島と森野が「プワーン」としたスイングで「決めに行く!…
と言う気持ちが無いわけでもない気がする今日この頃」と言う
まどろっこしい草食系男子の好意表示のようなスイングを見せ
られると…やはり延長の裏のイニングにおいては平田のように…
「エエやんけ!減るもんちゃうし!」と言うひっかけ橋の肉食系
男子のようなスイングにグラっと来てしまう。うん、関西地方
の人以外には分かれへんやろうけど、関西人だけ分かったらエエ
ねん(なぜ関西弁なのか?)。

とにかく、お互いがお互いにしょーーーーーもない野球をして。
それをして「息詰まる投手戦」と言う安易な言葉で片付けよう
とするのだろうけど…見ていた側としては指揮官の公開オ○ニー
ショーであり。この3連戦に対して感じた事としては…

「レベル、低ぅ!!」って事である。うん、どっちもどっちの
どーしようもない野球しか見せられておらず。この時期になって
お互いのチームとも「戦うべき戦術の構築」も「ケースに応じた
用兵」も、「この選手でダメならしゃーない」と言う手札の
選別もなーーーーんも出来ておらんのか?と。

今季のセリーグの低次元っぷりを見事に見せてくれたのがこの
3連戦であり、そして今日の試合であったと思う。

ソトと澤村がよく投げていたのは1つの事例でしかなく。
彼らは絶対に打ち崩せないほどの品質では無かったと、見ていて
そう感じた。打ち崩すための策を講じなかった、或いはイメージ
をもって打席に入らなかった…漫然と試合をこなしていた両チーム
の怠慢のみを感じた試合だった。

引き分けと言う結果については、「勝ち負けをつけるに値しない
試合」って事なのだろう、きっと。勝って喜ぶ事も負けて悔しがる
事も許さない…極めて不完全燃焼な試合であったと思った。

はぁ…何だかやるせないですよね。今日のような試合ばかりを
見せられるのは…。仰のけに倒れてもそれをキッカケに反省したり
成長出来たりすればソレで良いのに…それが出来ないから5番和田、
その和田のアレなのでしょう、きっと。

↓ってかもう、今日の試合を最後に和田には2軍落ちを命じて欲しい
 と。和田の不在を今季においては絶対に嘆かない!和田を切望
 しないと言う誓約書を書いても良いから、とにかく今季の和田を
 これ以上見たくない!…今までの貢献のイメージがガラガラと
 崩れて行くのはもうゴメンだし。今日の試合の9回裏の三振で、
 少なくとも昨年の日本シリーズの9回裏の先頭で放った3塁打の
 イメージは消えてしまった…。本当に哀しいし悔しい。

 ポチリと一発、よろしくお願いします。


人気ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今日、また和田スタメンで最後まで和田と森野と心中すると思いました。

和田、森野を使わないと死んじゃう病を患ってる監督ですから(笑)

もとりん | URL | 2011年09月08日(Thu)21:58 [EDIT]


Gファンの身でコメントすることをお許しください
十二回表は私もまさに仰る通りの感想を持ちました
両軍守ってる時の方が強気と言うか安心してられる情けない試合でしたね…

爺ファン | URL | 2011年09月08日(Thu)22:44 [EDIT]


森野はまぁ目をつぶるとして

もとりん様

和田のアレは何ですかね?
何かの新手の嫌がらせですかね(苦笑)?
グスマンが神に思えるほど、当たっても絶対に飛ばない
だろうなぁ~と感じました。2度と使うな!と言うのが
今日の試合後の感想です、ほんとにね。

ではでは。。

Negadra+Jack | URL | 2011年09月08日(Thu)23:01 [EDIT]


ようこそ!

爺ファン様

応援する球団の垣根を超える…と言うか自軍のファンとの
相性がイマイチ良く無いのがワタクシです。歓迎します。

…3連戦前に「巨人ってそれほど怖くないよね!」などと
失礼な事を言ってた記憶がありつつ。お互いにしょーも
無い野球で1勝1敗1分でしたよねぇ~。これなら談合して
「試合をした事にしよう!」と言う事で。

1勝1敗1分見なしにしておけば良かったじゃん?と言う
感じの。フレッシュなスタメンを起用しようがスペ
シャリストが出て来ようが…何をやっても判で押した
ような紋切り型のツマラン野球を見せると言う点に
おいて非常に驚きました。

連敗しても楽しい試合とかあるはずですがねえ~。
決定的にツマラン試合でした。はぁ~。

ではでは。

Negadra+Jack | URL | 2011年09月08日(Thu)23:05 [EDIT]


見所は直倫の守備だけだったでしょうね。直倫はとってから早いだけじゃなくスローイングも正確ですよね。何気ない一塁送球でもブランコの胸の位置に必ず収まりますよね。ここ数年アライバコンビの併殺崩れで走者が一塁に残るというシーンが直倫だとありません。自分には何で監督が未だに井端にこだわってるか解りません。普通のプレーを普通にこなせる直倫を本来好きだと思うんですけどね監督は。

NTTライター | URL | 2011年09月09日(Fri)04:54 [EDIT]


器の大きさ

NTTライター様
ええ、直倫には器の大きさと言うか体力面・精神面での
落ち着きを感じます。これは若手選手の中でかなり突出
した魅力ですよね。
若手の特徴としてスタメンで出る、結果が出ないと
勝手に自滅する傾向があるのですが、直倫は守備面での
貢献で打撃面での物足りなさを補完している気がして
おり。

井端の緩慢さに比べると昨日のテキサスヒットを捕球
した守備など、キラリと輝くものでしたよね。見てて
楽しいのが、守るほうで言えば直倫、打つほうで言えば
平田でしょうか?…延長戦での大ファールを見て思わず
「ヨシッ!」って叫んでしまいました(笑)。普通の
ファールでしたけど(汗)。

ではでは。

Negadra+Jack | URL | 2011年09月09日(Fri)10:39 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。