Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草食系ストッパー

岩瀬が「前人未到」の300セーブを達成した。
本当に、凄い記録だと思う反面、岩瀬が達成してしまうと何だか
誰でも出来るんじゃないか?と思ってしまう(笑)。凄さの
本質が伝わらない気がして仕方ないけど。単純計算で30セーブを
10年続けねばならず。その10年の間に怪我もするだろうし自分の
劣化もあるだろうし若手の成長もあるだろう。色々な要素が出て
来て、最良の選択としてクローザーを決める訳で。ドラゴンズと
て浅尾と言う信頼に足りる投手が岩瀬の後のクローザー候補とし
て存在していて。いよいよその地位を譲るか?と言う、今はそこ
まで達してはいるものの、でも、ここまでクローザーの地位を
守り続ける事ができたからこそ達成できた記録だと思っている。

半面、
先日の阪神戦で300セーブにリーチがかかった場面とか。
或いは昨日の試合においても「明らかに球が高い」のが見て取れ
て。別に状態が悪いと言う訳でも無く、恐らく300セーブと言う
記録を達成するにあたっての重圧…ってか自分個人の記録ごとき
のために何だか申し訳無いと言う、注目されたり騒がせたりする
のが苦手な岩瀬らしいと言うか。

2006年、10月10日。12回表に大量6点を取って。
その前のイニングからマウンドに上がっていた岩瀬が、12回裏の、
優勝を決めるマウンドに行く時に、盟友川上に漏らした言葉は…
「打たれて逆転されたらどうしよう?」だったそうだ(笑)。
「まんちゃん、それ、無いから(笑)!」と川上から笑われて、
でも不安や重圧を抱えた状態で、キチンと仕事をした。

2007年の日本シリーズでは、8回までの山井のパーフェクトの後を
受けて、異常な雰囲気の下、日本一を決めるマウンドに上がった。
岩瀬が「あれが一番緊張した」と後に振り返っていたけど。
でも、現地で見ていて岩瀬なら大丈夫だろうと感じていた。結果、
岩瀬が山井の後をきっちり3人で終えて、日本一をパーフェクト
リレーでシめた。

恐らく、岩瀬は「自分のために何かをするのが苦手」なのだろう。
チームの勝利のためなら、その能力を発揮するよう頑張れる。
でも、球場全体が「自分のため」となった瞬間から、無駄な
ノイズが入ってしまってチカラが出せない。

例えば「日米通算」で申さばセーブポイントの記録を持っている
佐々木が、未だに岩瀬のセーブポイントについて物を言う時に、
「まぁ僕が日本に残っていたら僕が達成していた記録だけどさ」
と言った、そんな感じの発言をしたり。或いは、競技は違うけど
柔道の谷亮子が、何かをするたびに自分のクチから「前人未到
の偉業」だのと言う評価をしたりして(笑)。記録ってのは
こうした「自分大好き!」「全ては自分のために存在する!」
と言う連中が持って行くものである気がする半面、
自分で着る服すら自分で選べず、名古屋近辺以外には住めないと
言う(推察)、極めて内向的な草食系男子のはしりのような岩瀬
が、北京五輪で某氏に破壊されて戻されたと言う選手生命の危機
に瀕しながら、それでもこの記録を達成できた事について…

同じ草食系男子として、心よりお祝いの言葉を述べたい。

「おめでとう、ありがとう、岩瀬選手!」

ここ数年は、怪我と言うか「体調不良」に随分苦しんでいて。
特に夏場に原因不明のしびれが来るなど、相当悪いコンディション
の中で、それでも岩瀬で行きたい!と言う落合監督の指針もあり。

2軍での調整とか、許してもらえなかったがゆえの苦しみも相当
味わって来たと思うけど。そして、全盛期の「分かっていても打て
ないスライダー」のキレとは若干異なる…その前に出て来る浅尾
のフォークとの比較もあるから余計にそう思えてしまうところも
あるけど。

それでも、他の選手の記録のため、チームの勝利のためにならば
物凄いチカラを発揮する…木曜日の300セーブを達成出来なかった
試合も、同点後に何気にブランコのエラーで一気に逆転される
状況になった時、平野のボテボテのピーゴロ、3塁走者新井ゴロゴー
の場面で見せたグラブトスに見る「野球勘」とかブランコのミス
を決勝点にさせない!と言う気持ちと言うか。

誰かのために投げ続ける岩瀬については、今後も頑張ってもらい
たいと、そう思ってます。

↓ってか後は聡文の復帰、
 もしくは7回を任せられる投手が欲しいって事なんだけど。
 何ともなりませんなぁ~現状は。
 おめでとう!ありがとう!!岩瀬選手!!!
 と言う事で。ポチリと一発お願いします。


人気ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

岩瀬投手300セーブおめでとうございます!

昔に亀井が何かした以外に岩瀬投手を巨人が打った記憶がありません。調子が悪くても平常心を忘れず抑えてしまう強さが岩瀬投手にはあると思います。ユニフォームを脱ぐと極めて普通の人に見えるという話も好きです。

巨人の山口も、岩瀬師匠のように今季から抑えになる予定でしたが、メンタルの面で抑えの重圧に勝てず、中継ぎを続けていく事になりそうです。逆に言えば、抑えとは精神的にそれだけきつい仕事だということでしょう。特に草食系にとっては。

今後も、(巨人戦以外での)一層の活躍を願っています。

元大阪爺 | URL | 2011年09月04日(Sun)13:50 [EDIT]


亀井のアレ

元大阪爺 様
亀井のアレは、私目の前で見てましたよ(笑)。
多くの東京のドラファンにとって亀井の名前が恐怖の
対象になった試合でした。
例に挙げていただいた山口の名を借りますれば、
確かに山口も越智も、なかなかキビしい状態にありますね。
幸い(巨人的に)久保が大活躍を見せているので何とか
なってる感がありますが。でも岩瀬のように毎年活躍
するのって大変なんだなぁ~としみじみ思います。

岩瀬の場合、酒も飲めず派手な生活もできず。
本当に、地味な公務員のようなタイプなのですが。
責任感は人一倍強く、誰かのために何かをするのが
性に合ってるのでしょうね。抑えて当然!と言う仕事を
ずっと続けるのにはアタマが下がるのと、でも、
やっぱりボールの衰えは隠せないので…

いつまで続けられるのか?…それほど長くは続けられ
ないと思いつつ。岩瀬のマウンドを、巨人戦で大活躍
する姿を(笑)楽しみにしておきます。

ではでは。

Negadra+Jack | URL | 2011年09月04日(Sun)23:01 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。