Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

垂直落下と急浮上カルテット

ヤクルトが垂直落下してきた。
昨日の広島戦など、「どっちが首位でどっちがホームチーム?」
と知らない人に聞いたら「赤いチーム!」と答えたであろう。

神宮名物のセキュリティがユルユルの球場とクラブハウスの
位置関係もあり。負けが混んでくると心無いファンからの罵声
が選手や監督に浴びせられる仕様であるため、一昨日先発した
石川に対し「仕事できないならやめちまえ!」と言う(苦笑)。

ドラゴンズで申さばネルソンに対して「何連敗しとるだ?たぁけ」
と言うような野次が飛んだそうで。石川も「何だとう?」と反論
すると言う…悪い時のヤクルトが思い切り出て来ているので。

巨人、阪神、広島、そして神宮での苦行を全て終えて我らが
ドラゴンズが、早晩ヤクルトを追い越す事になるだろう。恐らく。

小川監督は、今季については「春先大爆発バレンティン」と、
「統一球にアジャストしたぜ!畠山!!」「ベテラン健在宮本」
「由規、館山、石川と言う三本柱」などなど、非常に快調な
滑り出しを見せるも…由規の故障やバレンティンの不調。更に
春先には色々な選手を色々なポジションで使って勝ちをもぎ取って
いたはずが、「飯原と福地は使わん!」と言った感じの使いたく
ない選手が出て来てしまったあたりから…何となく良さが薄れて
きた感がある。

反面、巨人は「ガッツ心中」と言うツキモノが取れ、ラミレス
と坂本の扱いも非常にぞんざいになって来た昨今。さらに決ま
らなかった抑えを久保に決めた!と言う。「スペシャルな存在
などおらんぞ!みんなシんじゃえば良いんだ!」と言う、
原監督の駄々っ子気質が顕在化してからなぜか勝ち出した。
ってかそんなチームだ、巨人は(笑)。

阪神も城島がいなくなり藤井がマスクをかぶるようになって
からは昭和時代の水泳大会のような「ポロリは無いよ!」と
言う堅実さが生まれ。更に昨日、藤井に代わって小宮山がマスク
をかぶった時の、満塁の2ストライク2ボールから外側のボール
ゾーンに構えるウンコ捕手ははじめて見たわ!と言う。
逆に言えば藤井のリードにはそうした「バカじゃないの?」
と言う点も無いし。さらには平野をリードオフマンにして
からは結構得点の匂いも感じるし。
もちろんブラゼルがいなくなっちゃったよ!と言う心配はある
ものの…イヤらしい関本が出場する機会も増えているし。采配
が謎であると言う弱点もあるけど、その謎が功を奏す事も
結構あるので…さらには「お客様はヤクルトです!」と言い
切れるお得意先をお持ちであると言う点も強いと。

そして、
私の中で今、「一番強い」と思っているのが密かに広島であり。
鈴木本部長が「安い奴じゃないと獲らんけぇ!」と言って
シブり続けている外国人選手において。バリントン、サファテ
と言う大当たりを引き、さらに新加入のバーデンの頭脳的な
3塁守備も含め…後はもう大地に根をおろしたような4番栗原
の打席などなど。バリントン、マエケン、篠田、福井、ジオ
と言った先発陣とサファテの織り成すハーモニーなど…非常
に強力であり。嶋も前田神もおるけぇの!と言う打線について
も…昨年の天谷とヒューバーと、後はチュークと遊んでいた
チームとはワケが違う。うん、永川?誰だっけ??池谷さん
の頃の選手だっけ??と完全に過去の人として忘れる事が
できた点も大きいし。廣瀬がおらんでも顔のデカい丸がおる
けぇの!と屈託無く言える、選手層が薄いがゆえに誰が出て
もそん色ないと言う点も含め…非常に怖いチームであると感じ
ている。

我らがドラゴンズについては…
和田と森野がいつまでも遊びつつけている点と、後は6枚目の
先発として収まるはずの山井、小笠原、川井、(中田賢)、
(朝倉)、(昌)、(岩田)などの選手がシャキっとしない
反面、彼らのうち1人でも2人でも出てきちゃったら…10月の
連戦地獄を戦い抜くためには物凄い有利になるし。例えばこの
週末、台風の影響で試合を流しちゃったりして必然的にダブル
ヘッダーなどになっちゃったりした日には…先発投手が8人
おるで!と言うチームが有利に決まってるワケで。

9月中旬までは「ガマン」として。
5割±2~3で付いて行って…10月に一気にズドーン!と行ければ
良いと思う。今日、広島の5割チャレンジが成功すれば一気に
広島がズドーンと行く気もするけど…そのズドーンはマラソン
で申さば35km付近でのスパートであると言う理解の下、焦らず
騒がず、戦う陣容を整備するための試合であると。そうした理解
の下、試合を見守りたいものだ。

ハイレベルな優勝争いとはいい難く。
非常に「試行錯誤」なり「黒白の見極め」と言う点に各チームが
苦労している感がある中、「戦い方」をキチンと理解しつつ、
「勝つための戦い」が遂行できるチームが優勝する事になるんだ
ろうと。そう思っている。

どうなりますかね?
個人的希望で申さば…和田と森野を絶対視する体制から抜け出して、
状況に応じて最も期待できる選手を、屈託無く使える…変幻自在
な野球を見せられるようになって欲しいなぁ~と。9回とかに森野
にバントをさせるぐらいならもっと優れたピンチバンター(水田とか)
を起用したり、或いは英智と言う走塁のスペシャリストを使ったり
と言う。1点を取りに行くために必要な策を、遠慮斟酌なく遂行でき
るチームになって欲しいと。
そう思ってます。

↓まずは今日の「阪神とのナゴド最終戦」で、
 恐らくスタメンは変わらないと思うけど。
 状況に応じて選手交代をして欲しいなぁ~と。特にブランコの
 1塁とか森野の3塁とか、和田の非常に狭い守備範囲とかについて
 は早い段階で何とかして欲しいと。…逆に森野については1塁は
 上手かったし。じゃあ6回あたりから1塁森野でエエやんけ?とも
 思っております、ハイ。

 ポチリと一発、よろしくお願いします。



人気ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。