FC2ブログ
 
Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぁ言ってしまえば谷繁のチーム

「生まれ変わります」と谷繁がお立ち台で高らかに宣言してから
の勝率は物凄く。実際野球を見ていて、捕手の構えたところに対し
「はぁ?」と言う、青筋をビキビキ立てて憤る機会は物凄く減った。

ってか「うえ?そこ行きますか??強気すぎる!」と言う、
驚愕の反応が殆どであり。そりゃ相手もプロだしこっちの投手も
人間だから打たれる時は打たれるけど。でも、ある程度の納得が
できるのが谷繁がマスクをかぶった試合であると。

何をすべきか?この球を投げさせて、その上で打たれたらしゃー
ないやんけ?と言う理解をキチンとしているのが谷繁であり。
その理解に対し、浅尾などは「はぁ?」とクビを振って三球勝負
で行くなどの良い感じで谷繁に任せっきりと言う事も無く、対話
をしながらレベルの高いマウンドを見せてくれたりしているし。

貯金が5あったのが借金6になったのも、谷繁がいなかったからだろ
う。・・・打線が全然得点できないのも原因の一つではあろうが、
要所要所でやらずもがなの点を与えてしまっていた、詰めの甘さ
が随所にあったのも事実であり。

勿論、谷繁がマスクをかぶれば必ず勝てるほどアマくは無い反面、
谷繁がマスクをかぶれば「あの時、あのボールを投げさせなければ」
と言った後悔の気持ちがかなり減少するのは紛れも無い事実であり。

そうは言っても負傷した箇所がヒザであり、
谷繁は若くも無い事を考えると、「シゲシゲが戻って来た!やった
ね!」などと喜んでいるだけでもマズかろうと。仮に私が、首位
争いをしているチームの首脳陣であり。本塁でクロスプレーになり
そうな場面が来たら…?本塁に突っ込む選手がガタイの良い外国人
選手だったりした時には「よーし、カラダから突っ込め!」と言う、
ルールに則った指示をすると思うし。谷繁がブロックをした末に、
不幸にも負傷したのであれば、それはそれでプレーの中での話でも
あるし。

例えば広島からすれば、あれほどカンタンに勝てていたドラゴンズ
に急に勝てなくなり打てなくもなった理由は「谷繁じゃろう?」
と分かっているだろうし、それならば「バーデン、こんな、何のため
に此処におるか?分かっとろうのう?ぶしゃげちゃれ!」と言う
指示がシャクれながら飛んでもおかしくないし…阪神も平野がシャク
れながら本塁にヘッドスライディングで突入して来て自分がケガを
してもおかしくない(これは平野にとって損なだけだけど)。

とにかく、
今のドラゴンズの好調は谷繁が復帰して、リードと打撃で好調さを
見せているおかげの話であり。…でも、それが今後もビシっと継続
できるとは限らない、或いはムリして試合に出ている可能性もあれ
ばいつケガをするかも知れない訳で。広島の廣瀬がムリして復帰して
やっぱりムリだったような事が起こらないとも限らないし。

逆に小田は置いておいて小山が今まで経験した事を「ヒドい記憶」
とするのではなく、「あそこで何がいけなかったのか?どうすれば
良かったのか?」と言う配球面での間違いや、或いは一工夫のような
モノを、ほどほどに経験を積んだ今ならば谷繁から学ぶべきである
と思っている。

捕球にせよ投手への向き合いにせよ、勝負どころで「何を投げさせる
のか?」と言う“詰め”にせよ…谷繁と小山では全然違うし見る側の
納得もこれまた違うので。

「シゲシゲ、お帰りなさい♪」と言う事に留まらず、
ファンとしては「谷繁がいなかった事がチームに物凄い痛手をもたら
した今季において。「谷繁不在時の痛手の軽減をいかにすべいか?」
と言う点を、特に小山の鍛錬と言うタスクを…キチンとこなして行か
ないといつまで経っても「谷繁がいる、いないで野球の質が全く違う
ドラゴンズ」で終わってしまうし。

今のドラゴンズが勝てている理由は「谷繁がいるから」であり。
逆にそれを摘み取れば、間違いなく勝てなくなるのも然りなので。

まさか選手を負傷させてドラゴンズを脱落させようなどと思う不埒
なチームは無いとは思いつつ、でも、予期せぬ事で谷繁が離脱する
可能性を、そして負傷明けの谷繁においてはその可能性が高い事を
キチンと想定して、「不測の事態だ!一大事だ!!」と騒ぐのでは
無く、谷繁不在にもドラゴンズの野球品質が落ちないように…

「小山に学ばせろ!…ってか学べ、小山!!」と強く思っておる次第。

後は、和田を使わないのであれば、谷繁5番と言う苦肉の策も必要ない
気もするので。リードに専念できる打順にやんわり戻して行くのも
アリかも知れない。

後は平田とか野本とかに任せて、
谷繁は捕手に専念の方向で。うん、まだまだ先は長いので現時点で
谷繁を使い切るのは正直困るので。

…当面は「だましだまし」の起用を望みたい。
うん、借金返済と言うミッションは完了したので。当面は勝ったり
負けたりしながら使えると見込んだ野手を育てつつ、戦える陣形
を構築して行くべきフェイズでしょ?恐らく。

しかしながら若いってのは脆さもあるけど可能性もあるなぁ~と。
昨日、スタメンで出た野本の打席がちょっと前のどーしようも無い
ソレと全然違っていたのを見て…驚いてしまった。物凄くタメの
あるスイングができてるじゃないか?と。大島もレフト方向に
バットコントロールで持って行く以外にも、鋭く振りぬく打席も
見せ始めたし。

平田も含め、「楽しみな選手」が増えて来た。
彼らの活躍が偶発的なものではなく、ある程度の確実性を帯びた
ものとしてもらいたい。うん、そうすればドラゴンズは強くなると
思うし。

↓本当に、数週間前までの「見るのもイヤだ!」と言うチームから
 ここ数試合でいきなり抜け出した感がありますな(苦笑)。
 わからんもんです、はい。

 ポチリと一発、よろしくお願いします。



人気ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。