Negadra-Jack.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地の利を生かして勝った試合

広島 0 0 0 0 4 0 0 0 0 - 4
中日 1 3 0 0 0 0 0 1 X - 5

勝:浅尾(1勝1敗0S)
S:岩瀬(0勝0敗3S)
敗:梅津(0勝1敗0S)

本:小山 1号(2回裏3ラン)

川井がサクっと勝っていれば「あぁ久々に快勝だね♪」と思えた試合
だけど。川井が妙に良かった。カーブも冴えストレートとのコンビネ
ーションも良かった半面…60球しか持続できませんかね?と言う。
或いは勝利投手の権利がかかった5回と言う事で緊張したか?5回表に
トレーシーと栗原に連続四球。岩本は三振に切るも井生にヒットで満塁。
倉の当たりは勿論併殺だったし、あれをエラーする森野はどうかと思う
けど…それは1死満塁だったから手痛いエラーになった訳で。5回のいき
なり出した2つの四球については…まだまだ信頼できる先発とは言えん
な?と。2点取られた後のピッチングについても、「まだ2点リードし
てんじゃん?」と言いたくなるほど…シまらん内容だったし。

勿論「森野、アホけ!」と言いたい気持ちはあるけど。
でも昨年とかよりずっと森野の守備は安定しており、1度のミスでアホけ?
と言うのもキビしすぎると思うので、あの場面は「まぁしゃーない!」と
切りかえるしか無いと思う。あそこで切り替えの出来なかった川井は…
「まだまだ」だな?と。あれだけ魅力的なカーブをもってすれば、
2009年の「何で勝ててるんだっけ?」と言う感じの勝ち星とは違い、
実力で白星をつかみ取れると思うので。…森野のエラーは置いておいて、
「勿体なさ」を招いた「心の隙のようなもの」を…繰り返さぬように
して欲しい。良いピッチングだったし今後も期待できるモノがあった分、
5回表は勿体なさ過ぎた。

川井以外は…平井、正人、河原、浅尾と…非常にフラフラしながら何とか
ゼロで抑え、特に広島の岩本と言う、ちょっとしたグスマン的なオアシス
がいた事も幸いし…何とかゼロに抑えて、で、8回裏、無死から井端が
出塁した後「一瞬の躊躇も無く森野にバントを命じた」と言う点が…
今の森野の状態の深刻さだよなぁ~と。併殺リスクを回避し、確実に
2塁に進めて和田に期待すると。和田が仮にダメでも、ブランコは割と
振れて来てるしね♪と言う、ブランコがただの扇風機ならば和田は歩かせ
ていたと思うが、状態が上がってきた感じがする分、和田と勝負してもら
えたのはありがたかったし。
何気に広島の中継ぎ陣の中でも防御率に比べ安定感のないシュルツを出し
てきてくれたのも大きかった。

などなど、あたかも「術中にハメて勝った」かのように書いているけど(笑)。
今日の勝利は「ナゴドだから」であり、ズムスタで同じ展開だったら間違い
無く負けていると思う。ナゴドと言う地の利を生かして勝っただけの話で、
フラフラしていた勝ち星がポロンと転がって来た“だけ”であると言う理解
で…そう言えば昨年も開幕戦を落とした後、セサルのシャレたプレーの数々
の末、最後はセサルのサヨナラと言う、自作自演のような試合があったのを
記憶しているけど。…まぁあんなモンだろう。

浮かれる点など殆どない。「岩瀬のスライダーのキレは凄いな!」と言う点
のみ、今季の戦い方の中で安心できるね♪と言う確信を得たぐらいのモノかね
?と。

と…ここまでが前段(笑)。

実は今日の試合中、
密かに目がしらがアツくなっていた。
理由はただ一つ、スタメンで起用された小山がいきなり3ランを放ったから。
小山は今回の震災でお爺さんを亡くされている。3月13日、球団の許しを得て
仙台に向かうも…交通機関がマヒしていて仙台にたどりつく事ができず。
何日も穴をあける訳には行かないから、仕方なく支援用の物資を弟さんに
たくし、戻ってきたそうだ。その後、行方不明になっていた祖父の高司さん
がお亡くなりになっていた事が分かったそうだ。

小山と言えば日ハムを自由契約となり、トライアウトで中日ドラゴンズに
入団した選手で。あるいはひょっとすると…プロ野球選手として活躍でき
る場は無くなっていたかも知れない。縁あって中日ドラゴンズに入団し、
能力を評価され、1軍で起用されるようになり第2、第3捕手としての地位を
築き…お爺さんがお亡くなりになるまで、小山はプロ野球選手だった。恐
らく自慢の孫だったろう。中日ドラゴンズの選手として活躍する孫が活躍
する姿を、恐らく楽しみにしていただろうと思う。

試合中のホームラン談話で、

「いきなりスタメンで出て、いきなりホームランを打てたのは、亡くなった
 祖父のおかげかな。祖父が打たせてくれた1本だと思います」

とお爺さんへの思いを語った小山。うん、そうだろう。きっとお爺さんが
打たせてくれて、そしてそのお爺さんは…「桂司、良くやった!」って、
どこかで喜んでいるだろうと思う。お爺さんを喜ばせ、そしてナゴドに来た
お客さんも…それが分かっていたから…お立ち台の時に大きな声で小山を
祝福した…こうした空気は…地元のナゴドならではなんだろうなぁ~と。

そんな事を考えつつ、
小山の3ラン以降…ずっとウルウルしていた。
同時に、小山桂司のお陰で…震災で亡くなられた方々の事を考える機会を
与えてもらえた。お爺さんが亡くなった小山のような方々が今なお被災地
でご苦労を重ねられていると思うと…何だかこう胸が締め付けられる思いが
する。

関東地方では計画停電も今は実施されず、
明日以降、ナイトゲームも解禁となる。節電節電と声高に言いはしている
ものの、計画停電が為されていないのに節電の意味があるのか?と言う疑念
も起こり始め、自粛ムードも沈静化されている昨今。

不便さが無くなり、日常生活が通常に戻りはじめると、
震災が起こった事、苦しまれている方がいらっしゃる事が…どこか他人事に
なってしまう。そうした他人事さに対し、小山が被災地の皆さんの事を思い
出させてくれたと、そう感じて…だからウルウルしていた。

これからもいっぱい活躍して、
被災者の方の事を、被災地の事を…小山には思い出させて欲しい。

…ってか忘れないように、もっとちゃんとしないとな。色々と。

↓とにかく勝てた事。
 小山がお立ち台に立てた事、嬉しく思ってます。
 お爺ちゃん、お孫さん、カッコ良かったですね(笑)!…合掌。

 ポチリと一発、よろしくお願いします。




人気ブログランキング

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。